2019年7月16日火曜日

ギャラリー晴れでの個展終了

7/10〜15に東京青山「ギャラリー晴れ」で開催いたしました個展は
無事に終了いたしました。

ずーと空模様が芳しくありませんでしたが、それでも連日多くの方々にご来場いただき沢山のご注文を頂けました。心より御礼申し上げます。

一年越しでこの日を楽しみにしていてくださったお客様。

写真を選びきれずにそれでも候補写真をいくつかお選びの末にいらしたお客様。

迷い込んできた途端に雷に打たれたようにご注文くださったお客様。

なんどもリピートくださるお客様。

お友達のそのお友達のご紹介でいらしてくださったお客様。

みなさま本当に有難うございました!

また東京でのイベント開催いたしますので遊びにいらしください。

今回はギャラリーさんに大変お世話になりました。

ほんとに皆様に感謝です。










2019年7月5日金曜日

Retriever Lifeでの取材





とても素敵な取材をしていただけました。

取材中話があっちゃこっちゃに飛び、思いつくままにお話しさせていただきましたが、僕が言いたかったことをとても上手に纏めて頂けました。

自分で文章にしたくてもこうはいきません。ライターさんには心から感謝です。

僕が作品を作る上で考えていることなど、みなさんにお伝えしたいことがここに全部書かれています。

少し長いですが、お読みいただけると嬉しいです。

2019年7月2日火曜日

切ないほど美しい品格




誰もが認めることだと思うのですが、

ネコ科動物の品格は他の動物から

ひときわ抜きん出ているように思えます。

柔らかな筋骨が作り出す優美な身のこなしや美しい毛並み。

水晶玉のような目に映るアンニュイな風景。

瞬きもせずにこちらを見つめる表情。

特に、体を捩って見上げる姿は妖しいぐらいに優美です。

随分お歳を召した歌舞伎役者の方が、

背中が攣るほどの極端な身のこなしをして

初めて観る人が美しいと感じる…そんなことを仰っていました。


歌舞伎に限らず、yoga、バレー、新体操、アイススケートなどを観ていても

身体能力の極限から生み出されるポージングの美しさに魅了されます。


日常でも美しいと思える姿は、緊張を伴い捻れを伴う所作です。

所作を維持するために筋肉が鍛えられ、贅肉が削がれ美しい姿が更に所作を引き立てる。

表面を飾り纏う美は簡単に手に入りますが、

それ以外のものはそれ相当の努力や鍛錬があってのこと。

筋肉に限らず、感性や知性の品格は長い時間の自己鍛錬の結果のように思われます。


幼少からの躾によって体幹が鍛えられ、無意識に美しい所作になる…

人間の場合は無意識では堕落し、緊張感のない醜態になりがちですが、

ネコ科の場合は生まれ持った骨格と運動能力で寝ている姿さえ優美…


「あぁなんて恐ろしい子」(月影先生風に)


まだまだ幼さの残る中に潜む品格にどきっとした瞬間です。










2019年6月18日火曜日

陰影に潜むものってなんだろ?

 Chiaroscuro(陰影画)の特徴はグレーの紙にモノクロで描くスタイルです。

パステル鉛筆の白色、黒色、灰色を使って光と立体感を意識しながら描いていきます。

骨格や筋肉を意識してちょっとずつちょっとずつ時間を掛けて、色を塗り重ねていきます。

写真を元に描くのですが、不思議と写真よりもさらにリアルに感じる絵になります。


オイル系の画材のために、消しゴムは使えません(涙

色の重ね塗りはある程度は可能ですが限界があり、間違った線を消すのは容易ではなく、

完全に修正できなかったりします。

でも、その不完全な色々なことが気に入ってこの画材を愛用してます。









右端に見える白いものは消しゴムではなくて鉛筆削り。無印用品の小さな鉛筆削りを愛用しています。ホルダーを使うと残り2cmまで使えるのでとても経済的なんです。


2019年6月17日月曜日

細部を拡大してよくわかるChiaroscuroの独特な画法

最近、ほんの少しだけ描き方を変えました。

それにより、より立体的で存在感のある作品になって来ました。

僕は毛を一本ずつ描く細密画ではなく、粗い紙に柔らかなパステルで割とラフに描きながら毛並みを表現するという、ちょっとへそ曲がりな描き方をしています。

陰影画(Chiaroscuro)と呼ぶモノクロ画ならではの、立体感や空気感は細密画にはない独特の存在感を表現します。

原画ならばオデコがくっつく程に近づいて、細部の確認ができるのですがネット画像だと拡大するほどにデジタルのガチャガチャ画面になりよくわからなくなります。

そこで、この猫の絵をずんずんと近づいて細部をじっくり見ている気分になっていただけるように写真を並べてみました。

とくとご覧ください。






グレーの紙に、黒と白と灰色のパステル鉛筆で描くChiaroscuro手法。
近くで見るとこんな感じです。


でも、ちょっと離れると浮き出てくるようなリアルさがある不思議な絵です。




2019年6月4日火曜日

7月の個展

4月の個展後は色々なことが同時進行してブログを書くこともできぬまま、気がつくと6月になっています。

今年の半分が過ぎたということですね。

個展のお知らせです。

7月10日〜15日

青山 ”ギャラリー晴れ”にて個展を開催します。

ギャラリー晴れさんでの展示はいつも数名での合同展でしたが、今回は1人での開催です。

いつもの陰影画に加え、ギャラリーオーナーからリクエストされたイラストを展示販売します。

イラストは海をテーマに灯台とかヨットなど、ペンと色鉛筆で描く小さな作品です。




2019年4月20日土曜日

額装のヤマモト様での特別展示始まります。

昨日は上洛して今回お世話になった方々にご挨拶してきましたが、
メインは額装のヤマモトさんのディスプレーの立会いです。

仕上がった額装は見事の一言。

ハンドメイド額の品の良さ美しさに圧倒され、鳥肌が立ちました。
馬子にも衣装と言いますが額一つでここまで世界観が変わるとは…。

高級額に収まった陰影画は自作とは思えない輝きと気品を放っていました。
その絵の雰囲気に合わせた額装とマットの設えの妙。

高級額装の老舗ならではのセンスに軽い目眩を感じたまま、
しばらく額装された作品に見とれたままでした。


実際のディスプレーは等間隔で並べるだけだと寒々しくなるので、
通常とは趣を変えて空額を組み合わせて楽しく明るい雰囲気にさせていただきました。


設置中から道ゆく方が脚を止めて絵をご覧になられて嬉しい限り。
ペットの絵はどこでも人気が高く注目していただけます。


一般的な人物画や風景画に興味が薄い方にも、
ペットの絵を入り口にアートを身近に感じていただけるし、
生活にアートを取り入れて頂けるのではないかという想いもきっと叶えられると思います。


(レイアウト途中の様子。勿体無い事に社長自ら作業をしていただいています!)

この思いは額縁のヤマモト様も同じで、お互いの思いが一致しての催しとなりました。
確かな職人の手業による額装を設えた今回の特別企画は5月19日まで
寺町通三条下ル額縁のヤマモト様のウィンドーギャラリーにて開催します。








作品は全て額とセットでご購入頂けます。
詳しくは店頭にてお尋ねください。

2019年4月20日〜5月19日 額縁のヤマモト様




2019年4月9日火曜日

京都個展のご報告

2019年4月2日から7日まで、
京都”アートスペース余花庵”での催しは無事に終了いたしました。

京都でのペット画の初個展は約400名(+7匹)のお客様にご来場頂き、大成功のうちに幕を閉じました。

お客様からは沢山のお褒めのお言葉を頂戴して身に余るほどの光栄です。

ご意見やご要望は今後の糧として活かさせて頂きます。有難うございます。

また、沢山のご縁を繋いで頂き今後の活動に大きな弾みがつきました。

確定した案件は順次こちらでご報告/ご案内させて頂きます。

本当に有難うございます。


ご依頼が集中してしまい、お届けをお待たせする事になり申し訳なく思います。

出来るだけ早くお届けできますよう努力いたしますので、宜しくお願いします。


鰻の寝床の町屋を改装したアートスペース余花庵。
京都らしい雰囲気の中、作品の見栄えも一層引き立ちます。


完璧な空間と照明のおかげで作品の印象が引き立ちます。



大きな看板がとても良い仕事をしてくれました。
普段ギャラリーに入らぬ人さえも、この笑顔に引き寄せられて沢山ご入場されました。


このロゴだけでもこの空間のセンスがわかります。


お客様にはお薄の接待をさせていただきました。
3色の松露と桜琥珀でこの季節らしい演出をしてみました。




2019年3月24日日曜日

原画の販売のご案内


4月2日より7日まで開催する京都/余花庵での個展の準備に明け暮れております。

僕の描く陰影画は一見「鉛筆画」に見えますが、オイルパステルでグレーの紙に描く独特のスタイルです。

写真を元に描きますが、毛の一本一本を書き込む精密画(スーパーリアリズム画法)とは違い、
少し離れて見たときに効果的なタッチの技法で描いています。

百聞は一見に如かず
ディスプレー越しではなかなかお伝えできません。
個展会場にてぜひ原画をご覧になってください。


全日在廊しておりますのでご依頼に迷われておられる方はこの機会に直接ご相談ください。

尚、完成品の原画も販売しており、
展示作品のほぼ全てが販売可能になっています。

ペットは飼っていないけれど、動物が好きで
お部屋に動物画を飾りたいとお考えのお客様には
絶好のチャンスです。




会場で皆様のお越しをお待ちしております。



-------Chiaroscuro-------Chiaroscuro-------Chiaroscuro-------

【 個展のお知らせ 】

桜の季節に京都での個展がきまりました。是非お越しください!

2019年 4月2日〜7日 

〒604-0925 京都市中京区寺町通御池上ル上本能寺前町475(京都市役所西側)
Tel:075-212-9793  営業時間:am10:30-pm20:30

2019年3月10日日曜日

個展会場での特典をご用意しまいた。

個展に向けて準備にてんてこ舞いの香川です。

テンションが上がっていろんなこと考えているうちに、調子に乗ってしまいました。

お客様から名刺のオーダーを頂くことが多いのですが、オリジナルデザインでお作りするとどうしてもお値段がかかってしまいます。

その分、どこにもないオリジナルデザインをご提案することができるのですが、半完成品のデザインで良いので安くできないですか?というリクエストをお聞きすることがあります。

そこで、定型のデザインに写真と文字を差し替えるだけですがお安くできる名刺をオプションでお取り扱いすることにしました。

更に調子に乗ってスマホカバーも同じ様にデザインしました。

途中デザインの変更がある場合がありますのでご容赦ください。



4月2日から始まります京都個展を記念して、会場でご依頼頂きましたお客様には特典として限定デザインの名刺をお作りするサービをプレゼント致します。

Sサイズの作品をご注文いただいたお客様には名刺を、Mサイズの作品をご注文いただいたお客様には名刺とスマホカバーをプレゼントいたします。

但し、スマフォカバーの必要のないお客様と一部特殊機種で対応できないお客様には名刺のみのプレゼントとなりますので、宜しくお願い致します。

京都個展の限定デザインになりますので、この機会に是非会場にお越しください。











-------Chiaroscuro-------Chiaroscuro-------Chiaroscuro-------

【 個展のお知らせ 】

桜の季節に京都での個展がきまりました。是非お越しください!

2019年 4月2日〜7日 

〒604-0925 京都市中京区寺町通御池上ル上本能寺前町475(京都市役所西側)
Tel:075-212-9793  営業時間:am10:30-pm20:30


【Notice of solo exhibition】

A solo exhibition in Kyoto has decided during the cherry blossom season. Please come by all means!

April 2 - 7, 2019

Yokaan https://yokaan.com/index.html
〒 604-0925 Nakagyo-ku, Kyoto-shi Teramachi-dori Oimi Kami Uehonmoji Temple 475 (West side of Kyoto City Hall)

Tel: 075-212-9793     Business hours: am 10: 30 pm 20: 30








2019年2月28日木曜日

身近な存在としての絵






芸術/アートに対する日本人の捉え方は
文化的な背景もあってハードルがとても高いと思います。

一つには閉鎖的な美術界/画廊業界が原因で、
絵描きの立場でも怖くて入れない画廊も一杯存在します。

芸術=教養という古典的な解釈もまだまだ根強く、
アート=良く解らないものとか難しいものと最初から敬遠されていたりします。


中には自らそうしている作家や団体やギャラリーもありますが、
基本的に理解するという世界ではなく、感覚的な「好き嫌い」で
判断する感性の世界だと思っています。

そうは言っても初めて触れるアートの世界に足を踏み入れるのは
ちょっと勇気がいるかもしれません。

アートを家具と同じように生活に取り入れて豊かな生活を楽しんでもらいたい
という思いで作品制作を続けている僕としては、
身近なペットの絵を取り入れるところから
アートと暮らす生活を提案したいと考えています。

無くても困らないものの代表みたいに言われるアートですが、
ペットと同じく一旦自分のライフスタイルに取り入れたら
その瞬間から素敵な暮らしが始まるんですよね。

それは想像を遥かに超え、
自分の人生そのものが別次元になるほど強力な影響力を与えてくれます。


絵心がないから良く解らない。確かにそのご意見わかります。

でも、あなたの愛するペットがアートになったらどうでしょうか?


その絵はわかりにくいですか?


その絵は解釈に困りますか?


その絵は価値を見出せませんか?


アートってもっと身近で普通のことです。

お部屋に飾れるものです。



ペットの写真からペット画をお作りしています。
お値段は45,000円から。










-------Chiaroscuro-------Chiaroscuro-------Chiaroscuro-------

【 個展のお知らせ 】

桜の季節に京都での個展がきまりました。是非お越しください!

2019年 4月2日〜7日 

〒604-0925 京都市中京区寺町通御池上ル上本能寺前町475(京都市役所西側)
Tel:075-212-9793  営業時間:am10:30-pm20:30


【Notice of solo exhibition】

A solo exhibition in Kyoto has decided during the cherry blossom season. Please come by all means!

April 2 - 7, 2019

Yokaan https://yokaan.com/index.html
〒 604-0925 Nakagyo-ku, Kyoto-shi Teramachi-dori Oimi Kami Uehonmoji Temple 475 (West side of Kyoto City Hall)

Tel: 075-212-9793     Business hours: am 10: 30 pm 20: 30

2019年2月20日水曜日

一枚の絵が人生に変化をもたらすお話し

写真を元に描くペットの陰影画。

いつも多くのペット愛好家さんからのご支持と、
沢山の応援を頂いていて心から感謝しています。
ありがとうございます。


今回は一枚の絵が人生に変化をもたらしたお話を書きます。



営業先のイベントで絵のご紹介をしている時によくお聞きするのですが、

「絵は凄く気に入っているんだけどうちには飾る場所もなくて、第一絵を飾るような柄の家じゃないから…」

ってご意見です。




そうですよね。

日本はまだまだ欧米のように絵を飾る文化がない国ですからね、
なかなか敷居は高いと思います。


家が窓だらけで壁がなかったり、あってもタンスや大型液晶テレビが陣取っていて
壁が見えなかったりして、絵を飾りたくても一体どこに飾れば良いのやら…

その前に家族ものモノやペットのあれやこれやのモノが溢れていて
何から手をつけて良いのやら…



わかりますわかります (^_^)


某ホテルのフロアーでイベント開催をしている時に立ち寄られたお客様。

サンプルの絵の前から離れられなくなってしまったご様子で、
ずいぶん長い時間絵をご覧になられています。
腕の中には最愛のわんこが鼻をクンクン言わせています。


絵をとても気に入れられ、
「この子を描いて欲しいのだけど家の中に絵を飾る場所もないし、
こんなオシャレな雰囲気全然ないのよね」
ってお話しされながらも目はずーっと作品に釘付けです。

時折わんちゃんに
「ねぇあなたも描いてもらいたいよね〜」って話しかけながら
大きくため息をつくばかり。

絵を飾ると人生変わりますよってご説明をしているうちに、だんだんお顔が輝きだしてそうかもねってにっこ笑われてご注文いただきました。



後からお聞きして驚いたのですが、
なんとそのお客様は絵を注文して仕上がるまでの約1ヶ月間の間に、
家中の断捨離とレイアウト変更を頑張って絵を飾る場所を作っただけでなく
家中を綺麗にしてしまったそうです。

今までは

インテリアなんて、
絵なんて、
絵心なんて…

と色々な事にヤサ愚れてしまっていて、
否定的な考えばっかりだったそうですが、
この絵に出会ったのは何かのチャンス〜!
今ここで動かない限り一生同じままだと思って一念発起!

お気に入りの絵を飾ったお家で
おしゃれで素敵なペットライフを過ごしている自分
想像しながら頑張っていたそうです。

人は目標があると勇気が湧いてきて、やる気が溢れてきて、
今まで無理だと思っていたことでも出来るようになるんですよね。

不要の家具を処分したりして、なんとか絵を掛ける壁を作るとことができた時は感動して涙が出たそうです。


不思議と一箇所が完成すると次々と気になりだし、
とうとう家中の家具の配置を見直し不要な物をすっかり断捨離をして、
床をピカピカに磨きあげて薄汚れた壁紙を張り替えて、
見違える空間にしてしまったそうです。

すげぇ〜〜!

今まではペットが家にいるから汚れるのは当たり前だし、
ペットがイタズラするから片付かないのはしょうがないって思われていたそうですが、
すっかり考えが変わってしまったそうです。

本当に絵を生活の中に取り入れるだけで人生は変わるのですね〜って仰っていました。


そうなんですよね、一枚の絵をきっかけに人生が変わる。
絵って素晴らしいなぁって思うのです。
















-------Chiaroscuro-------Chiaroscuro-------Chiaroscuro-------

【 個展のお知らせ 】

桜の季節に京都での個展がきまりました。是非お越しください!

2019年 4月2日〜7日 

〒604-0925 京都市中京区寺町通御池上ル上本能寺前町475(京都市役所西側)
Tel:075-212-9793  営業時間:am10:30-pm20:30


【Notice of solo exhibition】

A solo exhibition in Kyoto has decided during the cherry blossom season. Please come by all means!

April 2 - 7, 2019

Yokaan https://yokaan.com/index.html
〒 604-0925 Nakagyo-ku, Kyoto-shi Teramachi-dori Oimi Kami Uehonmoji Temple 475 (West side of Kyoto City Hall)

Tel: 075-212-9793     Business hours: am 10: 30 pm 20: 30



2019年1月31日木曜日

あなたのお部屋に絵を

海外に行くとどんな家にも事務所にも絵が飾られ花が活けられていて素敵だなぁって思います。

日本だと絵を飾っている空間はまだまだ少なく、絵を買うこと飾ることはかなり敷居が高い行為だと思われているのではないでしょうか?

お部屋に絵が飾ってあるだけでとても素敵な空間になるのはわかっていても、
どんな絵をどこで買えば良いのかわからない、
安物を高価に押し売りされたり騙されて偽物を買わされるのではないか?
と不安に思われていませんか。

気軽に絵を買えるお店が少ないのは確かですし、ギャラリーは入りにくいですよね。
それにデパートでお気に入りを見つけても版画が数十万円もしておいそれとは手が出ません。


でも、愛するペットの姿を絵にするとなるとずっと気軽に考えることはできないでしょうか?

それも完全オリジナルの原画です。


「スマホにあるベストショット」

「神がかった奇跡の一枚」

「大切な想い出の一枚」


とびっきりの一枚を大きく引き伸ばして飾るのも素敵ですが、
写真をもとに絵にして飾るのはもっと素敵ですよ。


ソファーの後ろにかっこよく飾ってインテリアセンスアップ!

玄関に飾ってお客様をセンスよくお迎えしたり、

ベッドルームに飾って癒しの空間にしたり。


ペットの絵をきっかけに絵や花を飾る潤いのある素敵なライフスタイルを始めませんか?















-------Chiaroscuro-------Chiaroscuro-------Chiaroscuro-------

【 個展のお知らせ 】

桜の季節に京都での個展がきまりました。是非お越しください!

2019年 4月2日〜7日 

〒604-0925 京都市中京区寺町通御池上ル上本能寺前町475(京都市役所西側)
Tel:075-212-9793  営業時間:am10:30-pm20:30


【Notice of solo exhibition】

A solo exhibition in Kyoto has decided during the cherry blossom season. Please come by all means!

April 2 - 7, 2019

Yokaan https://yokaan.com/index.html
〒 604-0925 Nakagyo-ku, Kyoto-shi Teramachi-dori Oimi Kami Uehonmoji Temple 475 (West side of Kyoto City Hall)

Tel: 075-212-9793     Business hours: am 10: 30 pm 20: 30